PIERRE HARDYは、1999年にパリでスタートした、ラグジュアリーなシューズとファッションアクセサリーのブランドです。 コンテンポラリーかつクリエイティブといったさまざまな
要素を含んだ彼のコレクションは、幾何学的で完璧なシルエットを生み出しています。

PORTRAIT

PIERRE HARDYはパリで生まれ、幼いころから
ダンスとアートに情熱を注いでいました。
彼はカシャン高等師範学校で学び
造形美術における教職学位を取得しました。
その後、コンテンポラリーバレエ団に参加すると同時に
身体のバランスと動きの技法を学びました。

ピエールのファッション業界でのキャリアは
雑誌のイラストレーターで始まります。
描くことを通して、彼はクリスチャン・ディオールで
シューズコレクションのデザイナーとしての地位を確立し
キャリアの道を切り開きました。

1990年にピエール・アルディはHermèsのウィメンズの
デザインに参加し、その後メンズに移りました。

2001年にHermèsはファインジュエリーの
クリエイティブディレクターに彼を任命します。

1999年、ピエールは彼自身名のブランドを立ち上げ
グラフィックと革新的なコレクションをもって
新しいアイデンティティーを追求しました。

By Hangtang

CREATION

  • INSPIRATION

    彼のコレクションは、革新的な創造性と現代的な優雅さへの絶えることのない追求です。 映画のイメージ、建築への好奇心、車、動き、情景などへの愛情は、彼の個人的な美的アプローチで絶えず再解釈されています。

  • 他の何よりも、アート自体が
    新しい創造性を生みだす至高の源です。
  • DESIGN

    私の最初の行動は、私自身の見解で見た景色と対象物を整理してアウトラインにします。

  • ドローイングは常に創造的なプロセスの第一歩です。
    ピエールがアイデアの具現化を確認する最良の方法です。

  • MODELLING

    スケッチは立体的に再描写するには十分な
    試作の最初の転換です。

    時に、デザインが直接、モデルになることもありますが、ボリュームとパターンの配置を理解するためには
    立体化する作業は必要です。

    最後にデザインの線と木型(木製または樹脂製)を
    一致させる必要があります。

  • HEELS

    ヒールは、それのみでデザインの対象として考えることができます。 それらは靴の創造に不可欠な要素です。
    - モデルのアーチ、高さ、比率、バランス、全体的なシルエット - ヒール自体がミニチュアの彫像です。

    アーチとボリュームが最後に結びついたとき
    デザインの真意に辿りつきます。

  • FIRST PORTTYPE

    これらの要素、グラフィックス、およびボリュームすべてを使用して、最初の試作品が製作されます。

    いくつかのラインを変更することができ、カッティングを調整し、ストラップを再配置、比率を再構成し
    完璧にフィットするように再び形を整えます。

    このグラフィックアウトラインが私たちの理念の鍵となる価値観です。

  • MATERIALS,COLORS

    最後に、素材と色を決定し、モデルに命を吹き込みます。
    違った素材や革、または遊び心のあるパターンを
    ミックスすることで 創造的な形が造られます。

    カラースキームと違った素材を融合し、
    固定して遊ばせることで、私たちはスタイリッシュで
    革新的な靴を作り上げています。